アメリカ高校交換留学プログラムについて

 

アメリカ高校交換留学プログラムとは?

 

 アメリカ高校交換留学プログラムは、次の時代を担う世界各国の青少年に、アメリカの一般的な家庭、学校、社会生活を体験してもらい、異なる文化、習慣に触れ、高校生としての日々の営みの中から、国際人として必要な理解力、判断力、適応力、協調性を身につけてもらうことにより、より現実的な相互理解を促すことを主旨とした異文化交流プログラムです。 参加者は、1学年間、アメリカの公立高校に就学し、ボランティアの一般家庭で、家族の一員としてアメリカの日常生活を体験します。

アメリカ交換留学プログラムは、第2次世界大戦後の1948年、アメリカ合衆国政府によりCriteria for Teenager Exchange Visitor Programが定められ、その後1982年にレーガン大統領が改めて「国際青少年交流計画」を推進したことにより飛躍的に拡大したといわれています。 異文化の地で、その国の流儀にあわせた生活を送り、その地域のアメリカ人高校生とともに学ぶことは、日本または親元にいてはできない貴重な体験です。アメリ力で過ごす1学年間で、人生におけるかけがえのない経験と友情を得ることでしょう。

 

 

IYEOの「アメリカ高校交換留学」は

 

●認可を受けた米国受入奨学財団によるプログラム運営

 

米国受入奨学財団は、アメリカ高校交換留学プログラムを運営するにあたり、アメリカ国内で認可を受けた教育団体・非営利組織です。米国受入奨学財団は参加者が作成、提出する米国受入奨学財団英文出願書類をもとに、就学地・就学校及び参加者を1学年間金銭的な報酬なく家族の一員として受け入れてくれるホストファミリーの選定、DS2019

(就学受入証明書)の発行・送付、1学年間にわたる参加者の就学中のプログラム運営管理、サポートをします。IYEOではアメリカ国内に所在する非営利団体のうち、特に経験豊かな米国受入奨学財団と提携し、長年の経験に基づく独自の徹底したシステムにより、出願から日本出国までの準備指導、渡航から帰国までのサポートを行います。 

●アメリカの高校生活をそのまま体験 

就学する公立高校は、アメリカ国務省の認定を受けた米国受入奨学財団により、ハワイ州・アラスカ州を除くアメリカ全州より選定されます。参加者は、留学生でありながら、留学生用の英語クラス(ESL:English as a Second Language)ではなく、アメリカ人同様に授業料免除で、アメリカ人生徒と一緒に机を並べ、同じ科目を履修します。季節や状況に応じてクラブ活動や学校行事に参加することも可能、アメリカ高校生活をそのまま体験することになります。 

●米国受入奨学財団選定のボランティアのホストファミリーが迎えてくれます

 交換留学生を受入れる全ての米国受入奨学財団に対し統一された最も重要なルールの1つとして『ホストファミリーは無報酬で留学生を受入れること』が義務付けられています。ホストファミリーは無報酬にて善意で参加者を迎えてくれます。参加者は、1学年受け入れてくれるホストファミリーに感謝の気持ちを持つことが大切です。 

●交流訪問者(J-1)ビザで渡米

 米国受入奨学財団はアメリカ国務省より交換留学プログラムを取り扱う非営利教育機関として認定されており、参加者は交流訪問者(J-1)ビザで渡米、滞在期間はアカデミックイヤー(1学年間:約10か月)です。 

●最高36単位までの単位履修が留学扱いとして認められます 

文部科学省では「校長は留学を許可した生徒について、外国の高等学校における履修を在籍校の高等学校で履修したものとみなし、36単位を超えない範囲で単位の修得を認定することができる」としています。実際の単位認定は、留学した生徒一人ひとりについて、校長が個別に判断することになります。   

 

 

「アメリカ高校交換留学プログラム」を提供する米国受入奨学財団 

ERDT (Educational Resource Development Trust)

非営利教育機関であるEducational Resource Development Trust(ERDT)は、1974年に元UCLA

国際関係学教授であるDr. Roger Riskeによって設立されました。それ以来、ERDTは30カ国を超える国々から交換留学生を受け入れ、毎年、世界中から700人以上の学生が交換留学プログラムに参加し、アメリカの高校に通いながらホストファミリーとともに生活しています。 当団体に関する詳細は、www.erdtshare.orgをご参照ください。  

 

「アメリカ高校交換留学プログラム」における就学高校は

 

●米国受入奨学財団により、アラスカ州、ハワイ州を除く

 アメリカ全州の公立高校から選定されます

   

アメリカ高校交換留学プログラムでの現地就学校は、米国受入奨学財団により、アラスカ州、ハワイ州を除くアメリカ全州に所在する公立高校から選定されます。アメリカは州によって法律が異なるため、教育のシステムも州によって異なります。また同じ州であっても、教育システムは各地域ごとに決定、運営されています。アメリカは高校までは義務教育であり、公立高校はその学区に居住する住民の納める税金によって運営されています。参加者はその公立高校に授業料免除で通学します。

 

過去の参加者の就学高校(例)

American Fork High School - ユタ州

Baileyville-St.Benedict High School - カンザス州

Central Bucks East High School - ペンシルベニア州

Clovis High School - ニューメキシコ州

Cypress Ranch High School - テキサス州

Denamark High School - ウィスコンシン州

Hill Mcloy High School - ミシガン州

Neville High School -  ルイジアナ州

New London Spicer High School - ミネソタ州

Northwest High School - ミズーリ州

Preston High School - アイダホ州

Victor Valley High School - カリフォルニア州

West Marion High School - ミシシッピ州

 

 

「アメリカ高校交換留学プログラム」におけるホームステイは

 

●異文化交流の大切な一端を担っています

 

アメリカ高校交換留学プログラムは、アメリカの一般的な家庭、学校、社会生活を体験してもらい、相互理解を深める異文化体験プログラムです。ホストファミリーと過ごす1学年間も、その異文化交流の大切な一端を担っています。

ホストファミリーとの生活でも、様々な新しい体験があなたを待っています。全てが物語のように理想通りには行かないかもしれません。楽しいこと、うれしいこと、反対にびっくりしたり、戸惑ったりすることもあるでしょう。

それら全てが「異文化交流」です。異なる文化や習慣に暮らすホストファミリーと日常生活を共にしながら、かけがえのない何かを必ず得ることができるでしょう。

 

●ホストファミリーは、アメリカ全州(ハワイ州・アラスカ州を除く)より選定されます

 

ホストファミリーは、参加者が提出した米国受入奨学財団英文出願書類をもとに、米国受入奨学財団により、ハワイ州、アラスカ州を除く全州より選定されます。

 

●米国受入奨学財団選定のボランティアのホストファミリーです

 

アメリカ高校交換留学プログラムでは、ホストファミリーは、米国受入奨学財団の協力要請を受け、金銭的、物理的報酬を受けず、ボランティアで参加者を受け入れ、1学年間、就学地において参加者を支える保護者の役割を果たします。善意のボランティアとして参加者を受け入れてくれるホストファミリーに感謝の気持ちを忘れないようにしましょう。