組織の概要と沿革
 
青少年異文化交流推進協会の概要
 
(1) 名称:
 
内閣府認証 特定非営利活動法人 青少年異文化交流推進協会 
<英文> Intercultural Youth Exchange Organization (NPO IYEO)
                     
 
(2) 住所:
 
〒730-0052  広島県広島市中区千田町2-1-2(協会本部事務局)
 
TEL:082-246-9400 
FAX:082-243-1849
E-Mail: このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。 
URL:www.iyeo.org
 
(3) 設立認証:
 
2001年(平成13年)2月16日 東京都知事名にて特定非営利活動法人として認証受け
2003年(平成15年)8月6日 内閣府に認証変更のうえ、広島本部事務局を設立登記
 
(4) 設立:
 
2001年(平成13年)3月1日 
     
(5) 役員:
 
理事長 吉川 浩司
 
副理事長 菊島 輝男
 
理事 浜砂 順一郎
 
理事 岩下 小百合
 
理事 青木 晶子
 
監事 水町 圭一
 
 
(6) 目的: 
 
この法人は、青少年やその保護者ならびに教育関係者に対して、異文化交流の重要性についての普及啓発や異文化交流のための留学等の実践ならびに支援等に関する事業を行い、これからの国際社会に貢献でき、日本社会を担ってくれる青少年の健全育成に寄与することを目的とする。
 
この法人は上記の目的を達成するため、次に掲げる種類の特定非営利活動を行う。 
   
(a)子どもの健全育成を図る活動
(b)文化、芸術又はスポーツの振興を図る活動
(c)国際協力の活動
(d)以上の活動を行う団体の運営又は活動に関する連絡、助言又は援助の活動
 
この法人は前記の目的を達成するため、次の特定非営利活動に係る事業を行う。
   
(a)異文化交流推進のための普及啓発 
(b)異文化交流推進のための留学や研修の実践ならびに支援
(c)異文化交流推進のための交換留学の実践や学校間や団体間等の姉妹縁組の支援
(d)異文化交流推進のための海外における各分野の専門家の招聘
(e)異文化交流ならびに留学に関するボランティアの組織作り
(f )異文化交流ならびに留学に関する調査研究
 
 
(7) 活動部門:
   
A)米国公費高校交換留学(AYAアメリカ高校交換留学)推進事業
  Academic Year in America (AYA) Program, Japan Division    
 
B)カナダ・ラングレー公立高校留学(AYCカナダ高校交換留学)推進事業
 Academic Year in Canada (AYC), Japan Division
 
C)海外留学奨学生推進事業
  Scholarship Division (Outbound)   
 
D)日本への高校体験留学推進事業
  Academic Year in Japan (Inbound)
 
E)異文化交流推進支援事業    
  Intercultural Exchange Advisory Division
 
 
(8) 加盟団体・組織:    
   
  一般社団法人 JAOS海外留学協議会
  CSIET(The Council on Standards for International Educational Travel) 
  (NPO)イコール・オポテュニティー・ジャパン 
  犬山国際交流協会
  静岡市国際交流協会
  熊本県国際交流協会
 
 
(9)  IYEO国内相談デスク・普及活動協力団体・法人: 
 
・IYEO本部 / 広島相談デスク  アメリカンドリーム
 
・IYEO札幌相談デスク        特定非営利活動法人 異文化交流推進ネットワーク
 
・IYEO千葉相談デスク        ちば留学センター
 
・IYEO三重相談デスク        企業組合みえ留学センター
 
・IYEO大阪相談デスク        Academy for Better Communication
 
・IYEO福岡相談デスク        留学情報プラザ・ジャパンセンター
 
・IYEO宮崎相談デスク        ウイングジャパン留学センター
     
・IYEO沖縄相談デスク        グローバル教育学院・留学センター
 
 
(10) IYEO海外相談デスク・普及活動協力団体・法人:
 
・IYEOパース相談デスク Shoji Australia Pty Ltd. (Perth,AUS) 西オーストラリア州政府教育省公認/CRICOS:01723A)
 
・IYEOブリスベン相談デスク International Student Counselling Australia Pty. Ltd (Brisbane, AUS)
 
・IYEOウエリントン相談デスク Wellington Business School (Wellington,NZ)
 
 
 
■行政機関および諸団体からの後援受諾実績
 
 
東京都・沖縄県教育委員会・広島県教育委員会・福岡県教育委員会・宮崎県教育委員会・北海道教育委員会
 
犬山市・日南市・各務ヶ原市・宮崎市教育委員会・広島市教育委員会・福岡市教育委員会・各務ヶ原市教育委員会
 
日南市教育委員会・杉並区教育委員会・立山町
 
社会福祉法人東京都社会福祉協議会・広島県私立中学高等学校協会・北海道私立中学高等学校協会
 
こどもゆめ基金
 
琉球新報・テレビ宮崎・宮崎太陽銀行
 
 
  
■青少年異文化交流推進協会の沿革
 
  2000年12月:
The University of California Consortium of English Language & Professional ProgramsとIYEO(日本代表窓口として)が青少年の異文化交流の普及推進に合意。
 
  2000年3月:
日本側窓口NPOとしてIYEOはAIFS、ERDT双方と、米国政府制度の高校生交換留学の普及推進に合意。合わせてAIFS、ERDTの日本国内の交換留学募集組織は、IYEOおよび各地相談デスクとして普及活動を進める事に合意。
 
  2000年7月:
UCLA(カリフォルニア大学ロスアンジェルス校)のプログラム提供により28日間のNursing Students Programを同校に於いて日本の看護学校生の参加で実施。 
 
  2000年8月:
UCI(カリフォルニア大学アーバイン校)のプログラム提供により9日間のYouth Motivation Programを同校に於いて中高生の参加で実施。
 
愛知県犬山市の依頼を受け、UCD(カリフォルニア大学デービス校)に於いて、異文化交流プログラムを犬山市の中高生の参加で実施。(2001年度より姉妹都市交流プログラムとして実施。) 
 
  2001年2月:
愛知県犬山市・米国カリフォルニア州デービス市姉妹都市盟約調印(コーディネート一式受託)
 
(財)沖縄県国際交流・人材育成財団と沖縄県の高校生の留学生米国派遣事業の業務受委託契約を締結。
 
(財)広島県サッカー協会のサッカー国際振興に関する業務を受託
 
  2001年7月:
2001年度「米国公費高校交換留学」として高校生を一年間アメリカに派遣
 
  2001年8月:
Youth Motivation Program 2001年日本キャンプを広島県たいどう彫刻村にて、独立行政法人 国立オリンピック記念青少年総合センター「子どもゆめ基金」の助成活動として中高生の参加で実施。
 
  2001年9月:
愛知県犬山市米国親善留学・奨学金交付事業を市および市教育委員会の後援を受け推進。
 
  2001年10月:
岐阜県各務原市米国親善留学・奨学金交付事業を市および市教育委員会の後援を受け推進。
 
  2001年12月:
大阪府社会福祉会館にて、パネルディスカション形式の「異文化交流セミナー」を実施。
 
  2002年 1月:
大阪府社会福祉会館にて、"公費交換留学のありかた"の「異文化交流セミナー」を実施。
 
  2002年5月:
富山県立山町米国親善留学・奨学金交付事業を町および町教育委員会の後援を受け推進。
 
宮崎県日南市米国親善留学・奨学金交付事業を市および市教育委員会の後援を受け推進。
 
  2002年6月:
米国カリフォルニア州のデービス市から高校生の姉妹都市の愛知県犬山市ほかへ派遣協力
 
  2002年7月:
2002年度「米国公費高校交換留学」として高校生を一年間アメリカに派遣。同時に愛知県犬山市、岐阜県各務原市認定奨学生を派遣。 
 
  2002年8月:
Youth Motivation Program 2002年日本キャンプを大阪府立青少年野外活動センターにて、独立行政法人国立オリンピック記念青少年総合センター「子どもゆめ基金」の助成活動として実施。
 
  2002年9月:
米国NYのコロンビア大学と提携し、 同大学が開発したオンラインによる高度な記述/文章表現方法を習得するプログラムに関し、日本を対象としたソフト開発、利用者層開拓における唯一の普及啓発/開発支援機関として活動。
 
  2002年12月:
IYEO理事会メンバーが、愛知県犬山市長より犬山市公認国際交流スーパーバイザーとして任命される。
 
IYEO理事会メンバーが、学校法人 広島インターナショナルスクール理事に就任。
 
  2003年3月:
福岡市教育委員会の後援を受け、「英国/カナダ/米国における高校/大学進学について」のセミナーを実施
 
  2003年6月:
IYEO西オーストラリア協力デスク<Shoji Australia Pty Ltd.>が、日系の現地法人として初めて、留学生受入機関として西オーストラリア州政府教育省の公式認定を受ける。
 
  2003年7月:
IYEOは公費高校交換留学運営における信頼と実績により、米国務省認定の奨学財団より推薦を受け、米認定機関CSIET(Council on Standards for International Educational Travel)初の海外メンバーとして登録される。
 
  2003年8月:
内閣府への認証変更にともない、広島本部事務局を設立登記
 
 
  2003年10月
広島城北中学・高等学校と同校のオーストラリアの姉妹校Yarra Valley Grammar Schoolの姉妹校盟約締結式を広島市長およびオーストラリア大使館参事官の立会いのもとに実行、その調印式典進行一式をコーディネート。
 
  2004年4月:
沖縄デスク、琉球新報との提携。琉球新報奨学制度の実施決定。沖縄県教育委員会後援。
 
  2004年5月:
宮崎県教育委員会、宮崎市教育委員会、株式会社テレビ宮崎、株式会社宮崎太陽銀行の後援を受け、宮崎県下にて2005年度米国公費高校交換留学プログラム募集開始。
 
  2004年12月:
熊本県パレアフェスタ企画共催 パネルディスカッション「~異文化交流をみつめてみよう~」を実施 
 
  2005年5月:
宮崎県教育委員会、宮崎市教育委員会、株式会社テレビ宮崎、株式会社宮崎太陽銀行の後援を受け、宮崎県下にて2006年度米国公費高校交換留学プログラム(AYAアメリカ高校交換留学)募集開始。
 
  2005年6月:
愛知県犬山市の友好交流の一環としてドイツ、ザンクト・ゴアルスハウゼン代表団来日に際して京都市での接遇を担当し犬山市長より感謝状を授与
 
  2006年7月:
広島県教育委員会、広島市教育委員会、広島県私立中学・高等学校協会の後援を受け、広島県下にて米国大学奨学金・米国大学スポーツ奨学金・米国の高等教育についての説明会実施。
 
  2006年9月:
広島城北中学・高等学校のオーストラリアの姉妹校の生徒12名を対象に、国連訓練調査研究所(UNITAR:United Nations Institute of Training and Research)によるセミナーを実施し、UNITARのホームページに記載される。
 
  2006年9月:
鈴峯女子中学・高校・短大、呉港高校ならびにDavid English Houseのご協力によりIYEO西オーストラリア協力デスクならびにIYEO広島デスクの手配のもとオーストラリアのJohn Wollaston Anglican Community Schoolより高校生24名が広島にて学校訪問・相互交流、異文化交流、平和学習を体験。尾道ではTV取材も受け歓迎された。
 
  2006年10月:
広島城北中学・高等学校のイギリスの姉妹校の生徒14名を対象に、国連訓練調査研究所(UNITAR)によるセミナーを実施し、その模様がUNITARのホームページに記載される。
 
  2006年11月:
ダライラマ法王、デズモンド・ツツ大主教、ベティ・ウイリアムズ女史の3名のノーベル平和賞受賞者によって行われたHIROSHIMA INTERNATIONAL PEACE SUMMIT 2006において、日本国内外の生徒37名をフィナーレに登壇させノーベル平和賞受賞者らとともに平和の歌を合唱
 
  2007年9月:
広島文教女子大学附属高校ならびに広島市立安西幼稚園、安西小学校、安西中学校、広島私塾連盟のご協力によりIYEO西オーストラリア協力デスクならびにIYEO広島デスクの手配のもと
オーストラリアのCorrigin and Kulin District High Schoolより14名が広島にてホームステイ、学校訪問・異文化交流、平和学習を体験
 
  2007年10月:
武田中学・高校ならびに広島私塾連盟のご協力により、IYEO西オーストラリア協力デスクならびにIYEO広島デスクの手配のもとオーストラリアのKarratha Senior High Schoolより14名が、広島にてホームステイ、学校訪問・異文化交流を体験
 
  2008年5月:
宮崎県教育委員会の後援を受け、宮崎県下にてアメリカ高等教育進学と奨学金制度における国際研修会を実施。
 
  2008年6月:
IYEO福岡デスクのメンバーが、 スペイン王国アンダルシア州グラナダ県のTURISMO CIUDAD DE GRANADAより観光大使として任命される。
 
  2008年7月:
宮崎県教育委員会の後援を受け、宮崎県下にてアメリカ高等学校教育と家族生活、公費高校交換留学の国際研修会を実施。
 
  2008年7月:
福岡県教育委員会・福岡市教育委員会の後援を受け、福岡県下にて中学・高校生の為の国際教育研修会を実施。
 
  2008年11月:
 
IYEO広島デスク協力のもと、「オーストラリアU-19 親善広島国際ユースサッカー2008」が財団法人広島県サッカー協会主催のもと広島市で開催される。
 
  2009年3月:
広島県教育委員会からの協賛、広島県私立中学・高等学校協会からの後援を受け、広島県下にて「第7回アメリカ大学奨学金留学・米国の高等教育についての説明会」についての説明会実施。
 
  2009年7月:
福岡県教育委員会・福岡市教育委員会・福岡県私学協会・(財)福岡県国際交流センターの後援を受け、福岡県下にて中学・高校生の為の国際教育研修会を実施。
 
  2009年7月:
宮崎県教育委員会の後援を受け、宮崎県下にてアメリカ高等教育進学と奨学金制度における国際研修会を実施。
 
  2009年8月:
宮崎県教育委員会の後援を受け、宮崎県下にてアメリカ高等学校教育と家族生活、公費高校交換留学の国際研修会を実施。
 
  2010年1月:
オーストラリア、西オーストラリアパースよりJohn Wollaston Anglican Community School より教員5名が来日して広島デスクにて、当協会主催による「日本語コース」および「日本文化体験コース」に参加し修了した。
 
  2010年3月:
一般社団法人 JAOS海外留学協議会の会員として登録される。
 
  2010年8月
韓国SeongNam(城南)市議会承認のもと、SeongNam English Town(城南市・韓国)にて初の日本人参加となる「日韓合同イングリッシュ・キャンプ」開催
 
  2010年11月
第16回アジア大会(広州・中国)にて、シェイク・ファハド広島・アジアスポーツ基金事業にアジアオリンピック評議会(OCA)会議通訳として出席
 
  2011年1月
IYEO広島デスク・福岡デスク協力のもと、広島市にて財団法人広島県サッカー協会主催による「オーストラリアU-19親善広島国際ユースサッカー2011」開催
 
  2011年8月
台湾より日本への高校体験留学・AYJ(Academic Year in Japan)として受け入れ開始。第1期生が来日、福岡中村学園にて就学
 
  2012年8月
北海道教育委員会・北海道私立中学高等学校協会の後援を受け、北海道下にて、アメリカ大学奨学金留学・米国高等教育についての説明会実施
 
 2012年8月
FIFA U-20女子サッカーワールドカップジャパン2012 協力
 
  2012年9月
日本への高校体験留学・AYJ(Academic Year in Japan)第2期生を沖縄、宮崎にて受け入れ
 
 2012年12月
広島経済大学「国際スポーツサロン」国際陸上競技連盟事務総長 エッサー・ガブリエル氏講演 協力
 
 2013年8月
日本高校留学・AYJ(Academic Year in Japan)第3期生を福岡、千葉、沖縄にて受入れ
 
 2013年9月
福山平成大学ならびにSports Medicine Australia 学術交流協定調印式(キャンベラ)
 
 2014年8月
日本高校留学・AYJ(Academic Year in Japan)第4期生を福岡、三重、沖縄にて受入れ
 
 2014年9月
IYEO福岡デスク協力のもと、Nagle Catholic College(西オーストラリア)、福岡市立西陵高校にて学校体験
 
 2015年8月
カナダ・ラングレー公立高校留学プログラム(AYC:Acadmic Year in Canada)普及啓発開始、第1期生出発
 
 2015年9月
日本高校交換留学・AYJ(Academic Year in Japan)第5期生を福岡、千葉、広島、三重、宮崎、沖縄にて受入れ
2015年よりタイからの受け入れも開始