トップページ > What's IYEO

What's IYEO

ごあいさつ

 私自身の初めての異文化体験は私が18歳の時でした。広島の公立高校を卒業して、さしたる目的意識も無い中で、アメリカ東海岸にある全校生徒650名の小さな大学に入学し たのが、生まれて初めての海外渡航でした。「4年間頑張るぞ!」と、思って日本を出発し
たのですが、実はそれまでの日本の生活の中で何一つ努力らしい努力をしたこともなかった私は、アメリカ到着の4か月後、最初の学期終了と同時に成績不振による警告書を受けてしまい、いきなり退学の危機に陥りました。 

 「こんなはずではなかった。」という後悔の中、日本に帰る航空券を買うお金もなく、大学を出てアパートを借りるお金もないし、なんともカッコ悪い絶体絶命に陥ってしまいました。逃げ出す術も見つからないまま、仕方なく次の学期の単位登録を行い、生まれて初めて「できない自分を励ましながら進む」という作業に4か月間取り組みました。

 その結果、次の学期ではギリギリの及第点で退学を免れました。ひどいホームシックに悩まされていた私は、単位を持って転校が可能なアメリカの大学制度を使って、次の学期にハワイに転校。その一年後にはサンフランシスコに転校。そしてそのまた1年後にはカリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)に転校して、専門科目の取直しをして2年間の在籍の後、23歳で卒業しました。

 私がUCLAを卒業した1984年は、ロサンゼルスオリンピックの年だったので、卒業と同時にLAオリンピックの仕事に就き、その後日本に帰国。25才の時に、留学のサポートをする会社を創業し、本業の傍ら、ワールドカップやアジア大会、国連会議等に係る仕事に従事、2001年にこの「IYEO青少年異文化交流推進協会」を法人化して初代理事長となりました。

 すでに遠い昔のようですが、18歳の時に初めてアメリカの地に降り立った時の事、成績不振の警告を受けて青ざめた時の事、ギリギリの及第点が取れた時のことなどを今も私は鮮明に覚えています。

 我々IYEO青少年異文化交流推進協会は、あの時の私のような、不安を抱えて異国の地に旅立とうとする若者の味方です。異文化交流とは、便利で快適なファーストクラスの旅ではなく、不便で不自由でカッコ悪い道のりだと思います。その不便な環境を自分の知恵と行動で、自分にとって快適な環境に少しずつ変えていく、それができるようになるために、人は快適な我が家を出て旅に出るのだと思います。

 各地に存在する私たちIYEO青少年異文化交流推進協会には、様々な体験をしたカウンセラー達がいます。彼らと会って「異文化交流の楽しさと、カッコ悪い失敗談を聞いてみたい。」と、思われたら、IYEOの各地デスクにどうぞご連絡ください。あなたとお目にかかれるのを、楽しみにしています。

略歴

1984年カリフォルニア大学ロサンゼルス校 経済学部 卒業 (UCLA, BA in Economics '84)
FIFA 国際サッカー連盟 加盟国オセアニア大陸連盟 日本代理人
2002年ワールドカップ日本招致委員会 国際部員
Australian Education Specialist (オーストラリア大使館認定)
大学講師 : 福山平成大学、広島経済大学
学校法人評議員 : 広島女学院、広島インターナショナルスクール

青少年異文化交流推進協会(IYEO)は・・・

■ 地域に根ざした異文化交流推進機関です。

「小さな質問だけどカウンセラーの顔を見ながら話したい。」、そんな時に飛行機や新幹線を使わなくても、あなたの近くに存在するIYEOのドアは開かれています。IYEOのカウンセラーはあなたの高校の卒業生だったり、保護者のかつての同級生だったかもしれません。地域を愛するIYEOは、あなたの相談に親身にお答えします。

 

■ 高校留学だけでなく大学留学に関する専門家でもあります。

アメリカ高校交換留学(AYA)プログラムやカナダ公立高校留学(AYC)プログラムに参加する人達の中には、「将来は海外の大学への進学も考えている」という方々もおられます。そんな人達には大学・大学院留学についてのコンサルティング機能を持つIYEOこそ最適です。IYEOは「返済不要のアメリカ大学奨学金プログラム」も普及啓発しておりますので、将来の進路を視野に入れた上でのカウンセリングが可能です。

■ 幅広い活動の中から異文化交流を見つめています。

IYEOの活動は海外の高校、大学への送り出しのみならず、同時に、海外の高校生の日本の高校への受入や海外の学生団体や教員の日本国内文化研修の実施、スポーツおよび文化交流、ユース&キッズプログラム、さらには姉妹都市縁組・姉妹校交流等、様々な分野に及んでいます。IYEOでは、プログラム参加者に対し、幅広い経験と知識に基づき、長期的成長を視野に入れたアドバイスを行うことが可能です。

■ カウンセラーが財産です。

IYEOのカウンセラーは一人ひとりがユニークな個性を持っています。「アメリカの大学でスポーツのMVPを取った・ホームシックで1週間泣き続けた・有名な大学を優等生として卒業した・自分が英語で苦労したので英語学習に執念を持っている・かつて総理大臣の特別随行員として各国を歴訪した・自分は残念ながら大学を卒業せずに帰国した・子供を留学させた経験がある・etc・・・」こんなカウンセラー達の話を聞いてみたい、と思ったらIYEO各地相談デスクにご相談下さい。所在地に関わらず、電話やスカイプでお話しすることも可能です。

IYEOは留学と異文化交流の全国ネットワークです!!

青少年異文化交流推進協会(IYEO)概要

正式名称

内閣府認証 特定非営利活動法人「青少年異文化交流推進協会」

Intercultural Youth Exchange Organization (NPO IYEO)
協会本部住所

〒730-0052  広島県広島市中区千田町2-1-2(協会本部事務局)
TEL:082-246-9400  FAX:082-243-1849

E-Mail:info@iyeo.org  URL:www.iyeo.org

設立認証

2001年(平成13年)2月16日  東京都知事名にて特定非営利活動法人として認証受け
2003年(平成15年)8月6日   内閣府に認証変更のうえ、広島本部事務局を設立登記

設立

2001年(平成13年)3月1日
役員 理事長  吉川 浩司
副理事長  菊島 輝男
理事  青木 晶子
理事  岩下 小百合
理事  濵砂 順一郎
監事  水町 圭一
目的

この法人は、青少年やその保護者ならびに教育関係者に対して、異文化交流の重要性についての普及啓発や異文化交流のための留学等の実践ならびに支援等に関する事業を行い、これからの国際社会に貢献、日本社会を担う青少年の健全育成に寄与することを目的とする。

この法人は上記の目的を達成するため、次に掲げる種類の特定非営利活動を行う。
(a)子どもの健全育成を図る活動
(b)文化、芸術又はスポーツの振興を図る活動
(c)国際協力の活動
(d)以上の活動を行う団体の運営又は活動に関する連絡、助言又は援助の活動

この法人は前記の目的を達成するため、次の特定非営利活動に係る事業を行う。
(a)異文化交流推進のための普及啓発 
(b)異文化交流推進のための留学や研修の実践ならびに支援
(c)異文化交流推進のための交換留学の実践や学校間や団体間等の姉妹縁組の支援
(d)異文化交流推進のための海外における各分野の専門家の招聘
(e)異文化交流ならびに留学に関するボランティアの組織作り
(f)異文化交流ならびに留学に関する調査研究

活動部門

A) アメリカ・カナダ高校留学プログラム
Academic Year in America (AYA) , Academic Year in Canada (AYC) Programs

B) 米国大学奨学金(返済不要)プログラム
American Collegiate Scholarship Program

C) 海外高校生の日本高校体験(長期・短期)プログラム
Academic Year in Japan (AYJ) Progarm

D) 異文化交流推進支援事業    
Intercultural Exchange Advisory Division

加盟団体・組織

一般社団法人海外留学協議会(Japan Association of Overseas Studies/JAOS)

CSIET(The Council on Standards for International Educational Travel)
活動協賛団体

(NPO) American Institute for Foreign Study Foundation.USA(AIFS)
(NPO) Educational Resource Development Trust Foundation.USA(ERDT)
(NPO) IEI Foundation-American Collegiate Scholarship Association

国内相談デスク
普及活動協力団体
法人

【国内相談デスク】
・IYEO本部/広島相談デスク
・IYEO札幌相談デスク
・IYEO千葉相談デスク
・IYEO 三重相談デスク
・IYEO福岡相談デスク
・IYEO宮崎相談デスク

【普及活動協力団体法人】
・アメリカンドリーム
・NPO法人異文化交流推進ネットワーク
・学校法人中村学園・ちば留学センター
・企業組合みえ留学センター
・留学情報プラザ・ジャパンセンター
・ウイングジャパン留学センター

海外相談デスク
普及活動協力団体

法人
【海外相談デスク】
・IYEOパース相談デスク(Australia)
・IYEOブリスベン相談デスク(Australia) 
・IYEOウエリントン相談デスク(NZ)
【普及活動協力団体法人】
・Shoji Australia Pty Ltd.
西オーストラリア州政府教育省公認/CRICOS:01723A
・International Student Counselling Australia Pty Ltd
・Kiwi Experience Agencies 

行政機関および諸団体からの後援・協賛受諾実績

「沖縄県教育委員会・広島県教育委員会・宮崎県教育委員会・福岡県教育委員会・北海道教育委員会・千葉県教育委員会・
熊本県教育委員会
東京都・犬山市・日南市・各務ヶ原市・立山町
宮崎市教育委員会・広島市教育委員会・福岡市教育委員会・各務ヶ原市教育委員会・日南市教育委員会・杉並区教育委員会・北九州市教育委員会・千葉市教育委員会
広島県私立中学・高等学校協会・北海道私立中学高等学校協会
社会福祉法人東京都社会福祉協議会
(財)福岡県国際交流センター
こどもゆめ基金
琉球新報・テレビ宮崎・宮崎太陽銀行

青少年異文化交流推進協会の沿革(抜粋)

1999年12月

The University of California Consortium of English Language & Professional ProgramsとIYEO間で、青少年の異文化交流普及推進協力の日本代表窓口となることに合意

2000年3月

AIFS、ERDT双方は、IYEOを日本側窓口NPOとして米国政府制度の高校生交換留学の普及推進に合意

2000年7月

UCLA(カリフォルニア大学ロサンゼルス校)にて同校企画による日本の看護学生向けNursing Students Programを実施

2000年8月

UCI(カリフォルニア大学アーバイン校)プログラム提供による中高生向けYouth Motivation Programを同校にて実施
愛知県犬山市の依頼を受け、UCD(カリフォルニア大学デービス校)において異文化交流プログラムを犬山市の中高生の参加で実施。(2001年度より姉妹都市交流プログラムとして実施) 
愛知県犬山市・米国カリフォルニア州デービス市姉妹都市盟約調印(コーディネート一式受託)

2001年2月

(財)沖縄県国際交流・人材育成財団と沖縄県の高校生の留学生米国派遣事業の業務受委託契約を締結
(財)広島県サッカー協会のサッカー国際振興に関する業務を受託

2001年7月

2001年Youth Motivation Program 日本キャンプを広島県たいどう彫刻村にて、独立行政法人国立オリンピック記念青少年総合センター「子どもゆめ基金」の助成活動として中高生の参加で実施

2001年8月

愛知県犬山市米国親善留学・奨学金交付事業を市および市教育委員会の後援を受け推進

次いで、岐阜県各務原市米、富山県立山町、宮崎県日南市においても、各教育委員会の後援を受け国親善留学・奨学金交付事業を推進

2002年6月

愛知県犬山市と米国カリフォルニア州デービス市間の高校生派遣事業に協力

2002年7月

2002年度より「米国公費高校交換留学生」として愛知県犬山市、岐阜県各務原市認定奨学生を派遣開始

2002年12月

IYEO理事会メンバーが愛知県犬山市長より犬山市公認国際交流スーパーバイザーとして任命される
IYEO理事会メンバーが学校法人広島インターナショナルスクール理事に就任

2003年6月

IYEOパースデスク<Shoji Australia Pty Ltd.>が、日系の現地法人として初めて、留学生受入機関として西オーストラリア州政府教育省の公式認定を受ける

2003年7月

公費高校交換留学運営における信頼と実績により、米国務省認定の奨学財団より推薦を受け、米認定機関CSIET(Council on Standards for International Educational Travel)初の海外メンバーとして登録される

2003年8月 内閣府への認証変更にともない、広島本部事務局を設立登記

2003年10月

広島城北中学・高等学校ならびにオーストラリアYarra Valley Grammar Schoolの姉妹校盟約締結式を広島市長およびオーストラリア大使館参事官の立会いのもとに実行、調印式典進行一式をIYEO広島デスクにてコーディネート

2004年4月

IYEO沖縄デスク、琉球新報との提携、琉球新報奨学制度の実施決定、沖縄県教育委員会後援

2004年5月

宮崎県教育委員会、宮崎市教育委員会、株式会社テレビ宮崎、株式会社宮崎太陽銀行の後援を受け、宮崎県下にて2005年度米国公費高校交換留学プログラム募集開始
2004年12月 熊本県パレアフェスタ企画共催、パネルディスカッション「異文化交流をみつめてみよう」を実施

2005年6月

愛知県犬山市の友好交流の一環としてドイツ、ザンクト・ゴアルスハウゼン代表団来日に際して京都市での接遇を担当し犬山市長より感謝状を授与される

2005年7月

各地教育委員会あるいは私立中学・高等学校協会の後援、協賛を得て、広島、札幌、千葉、大阪、三重、福岡、宮崎、沖縄にて、米国大学奨学金・米国大学スポーツ奨学金・米国の高等教育についての説明会実施 (以降、毎年各地にて実施)

2006年2月

米国大学奨学金プログラムおよびスポーツ奨学金プログラムの普及啓発総代理人契約をIEI Foundation American Collegiate Scholarship AssociationとIYEO間で締結

2006年9月

広島城北中学・高等学校のオーストラリアならびにイギリスの姉妹校の生徒を対象に、国連訓練調査研究所(UNITAR:United Nations Institute of Training and Research)によるセミナーを実施、UNITARのホームページに記載される

2006年9月

鈴峯女子中学・高校・短大、呉港高校のご協力により、IYEOパース・広島デスク手配のもと、オーストラリアJohn Wollaston Anglican Community Schoolの高校生が広島にて異文化交流体験(TV取材あり)

2006年11月

IYEO広島デスクの手配のもと、HIROSHIMA INTERNATIONAL PEACE SUMMIT 2006において、ダライラマ法王他ノーベル平和賞受賞者3名ならびに日本国内外の生徒による平和の歌の合唱

2007年10月

武田中学・高校ならびに広島私塾連盟のご協力により、IYEOパース・広島デスク手配のもと、オーストラリアのKarratha Senior High Schoolの生徒が、広島にて異文化交流体験

2008年6月

IYEO福岡デスクスタッフがスペイン、アンダルシア州TURISMO CIUDAD DE GRANADAより観光大使として任命される

2008年11月

㈶法人広島県サッカー協会主催「オーストラリアU-19親善広島国際ユースサッカー2008」にIYEO広島デスク協力

2010年 1月

西オーストラリアJohn Wollaston Anglican Community School(パース)より教員5名来日、広島にて当協会主催による「日本語コース」および「日本文化体験コース」に参加・修了
2010年 2月

「APECジュニア会議in広島」(19カ国の高校生参加)にIYEO広島デスクスが総括ファシリテーターとして運営に協力

2010年 3月

一般社団法人海外留学協議会(JAOS)入会

2010年8月

韓国SeongNam(城南)市議会の承認のもと、SeongNam English Town(城南市・韓国)にて初の日本人参加となる「日韓合同イングリッシュ・キャンプ」開催

2010年11月

第16回アジア競技大会(広州・中国)にて、シェイク・ファハド広島・アジアスポーツ基金事業に、IYEO広島デスクスタッフがアジアオリンピック評議会(OCA)会議通訳として出席

2011年1月

㈶法人広島県サッカー協会主催「オーストラリアU-19親善広島国際ユースサッカー2011」にIYEO広島・福岡デスク協力

2011年8月

台湾より日本高校交換留学・AYJ(Academic Year in Japan)として高校生受入開始。第1期生Yu Pei Lun(Helen)、福岡中村学園高校へ(その後、毎年プログラム実施、受入)

2015年9月

カナダ・ラングレー公立高校留学プログラムAYC(Academic Year in Canada)普及啓発開始、第1期生出発

以降、毎年送り出しを実施
2018年3月 近畿日本ツーリスト中国四国・IYEO広島デスク、Momenta Kidsコラボにより、山口県、香川県にて小学生参加のジュニア・イングリッシュ・キャンプ実施
このページの先頭へ