アメリカ高校交換留学プログラム 

交換留学生(第33期生) 募集開始!

 

次の時代を担う世界各国の青少年に、アメリカの一般的な家庭や学校、社会生活を体験してもらい、

異なる文化や習慣に触れ、高校生としての日々の生活の中から国際人として必要な

理解力、判断力、適応力、協調性を身につけることによって、

より現実的な相互理解を促すことを主旨とした異文化交流プログラムです。

参加者は1学年間アメリカの公立高校に就学し、

ボランティアの一般家庭で家族の一員としてアメリカの日常生活を体験します。

 

■IYEOの「アメリカ高校交換留学」は

  〇認可を受けた米国受入奨学財団によるプログラム運営です

  〇アメリカの高校生活をそのまま体験します

  〇米国受入奨学財団が選定するボランティアのホストファミリーが迎えてくれます

  〇交流訪問者(J-1)ビザで渡米します

  〇最高36単位までの単位履修が留学扱いとして認められます

 

アメリカ高校交換留学プログラムは、第2次世界大戦後の1948年、

アメリカ合衆国政府によりCriteria for Teenager Exchange Visitor Programが定められ、

その後1982年にレーガン大統領が改めて「国際青少年交流計画」を推進したことにより

飛躍的に拡大したといわれています。

異文化の地で、その国の流儀にあわせた生活を送り、

その地域のアメリカ人高校生と共に学ぶことは、日本または親元にいてはできない貴重な体験です。

アメリカで過ごす1学年間で、人生におけるかけがいのない経験と友情を得ることでしょう。

 

アメリカ高校交換留学プログラムにご興味がある方は

最寄りのIYEO各地担当相談デスクまでご連絡ください!