◆Interview◆世界で活躍する日本人

Vol.02

山崎智重美さん

米系航空会社 客室乗務員

 

[プロフィール]

大学を卒業後、キャセイパシフィック航空に客室乗務員として、入社。

香港ベースとなり、香港へ移住。

東南アジア、中東、オーストラリア、ヨーロッパ路線を乗務。

結婚を機に退職し、ニューヨークへ移住。

長女を出産し、コネチカット州のグリニッチに引っ越す。

その後3人の子供を出産し、4人の子供の母として、育児に専念する。

子供達の手が離れたのをきっかけに、再就職を考えていたところ、

現在の米系航空会社のニューヨークベースの客室乗務員の求人広告をみて応募し、合格。

現在は、ニューヨークベースで主に成田線、国際線、国内線に乗務し6年になる。

 

 

◆Interview◆

 

Q:自己紹介をお願いします

子供の頃から、アメリカの漫画、ドラマ、もちろんセサミストリートを観たり、

小学校でビートルズと出会ってから洋楽にはまったり、アメリカと英語は私の中で憧れでした。

アメリカントップ40やFEN を毎夜聞きながら、いつかこんな風に英語が話せたらと

英会話の勉強をしてみたもののなかなか身に付かず。

大学に入ったとき、このままではなにもかわらないと一念発起して

当時スパルタで厳しいと言われていた、松本英語専門学校の夜間部に2年通い、

英語を話すことの楽しみと可能性を探し得ました。

大学卒業後は絶対に海外に出て住みたい、世界を見たいという夢がありましたが、

留学するには、資金がない、これ以上は親に頼れないということで、

一番可能性が高いのは、海外に住める仕事を見つけることでした。

毎週、Japan Times Classified AD で仕事を探していました。

海外に住んで働くことの他に、もう一つの夢は世界を見たいということだったので。

エアラインで働くことができたら一石二鳥。

海外ベースは当時、シンガポールエア、エアフランス、キャセイパシフィックの3社だけでした。

そんな時にキャセイを受け合格したのは、幸運でした。

香港という異国に住み、世界中を旅した経験はExciting でした。

そのあとアメリカに移り、今度は4人の子供の母として、

典型的なアメリカの郊外ママの生活をしていた時も、毎日が戦争のようであり、

子供達の成長をグリニッチというすばらしい環境のなかで、育てられたことは貴重な経験です。

まさか、10何年というブランクの後に、再びエアラインに復帰できたことはまたまた、夢のようでした。

現在、下の2人の子を育てながら、世界中飛び回るという生活は決して楽ではありませんが、

毎日がとってもわくわくな人生を送っています。

 

Q:山崎さんにとってのニューヨークとは?

毎回私の中で、憧れのアメリカと言えば、初めての海外旅行で行ったハワイ、

そしてカリフォルニアの青い空でした。

それが住むこととなったのは、ニューヨーク。

テレビで見たことしかなかった土地でした。

なぜか、いろいろな国をあれだけ行ってた訳ですが、ニューヨークだけは来たことがありませんでした。

ニューヨークへ住み始めた当時、20数年前のニューヨークは治安もまだ悪く、

地下鉄でHold Up があったり、あたりやがいたりと。

とにかく、気をつけろ、危険から自分で身を守れと言われ続け、

怖いという思い出が一番強いですね。

今のように、どこにいっても安全ではありませんでした。

しかし、とにかく活気に満ちてて、その反面、自分は自分でしか守れない、

頼れないという厳しい面もすごくあったと思います。

今では、もう25年近くニューヨーク近郊に住み、

この土地のいい所も、悪いところも見ながら、とうとう第二の故郷となりました。

Lagaudia Airport に毎回Landing する時に左手見る摩天楼をみながら、

帰って来たと思えるのが、この街の不思議な魅力なんですね。

 

Q:航空業界に入ったきっかけは?

航空業界に入ったきっかけは、先ほども書きましたように、

自分の夢が叶う職業(海外に住みながら働き、世界中を見て回れる職業)だったからです。

そして、この仕事についてみると、さすがにその夢は叶いましたが、

それなりにつらいこともたくさんありました。

月の半分以上が、外国を飛び回りなおかつ、帰ってくる場所も香港という異国の地でしたから。

足が地についていない様な生活を送っていました。

退職した後は、今度は自由に世界中を飛び回れるFlight 人生が恋しい病にかかりました。

最初に勤務していたアジア系のエアラインは年齢制限があったので、

もう二度とあの仕事には就けないと思うと、もっともっと恋しくなりましたが、一度は諦めていました

そんな時に見た、米系航空会社の募集要項は、なんと年齢制限等も全くなく、

身長制限も、アジア系航空会社の様に写真提出もなく?

(アメリカでそれをやったら、Deccremination になってしまいますから)。

しかし、Japanese Speaker30 人の枠に、10,000 人以上の応募という状況でしたが、

幸運にも採用され、再びこうして、飛ぶことができる事は夢のようです。

アメリカという国が、自由で、いくつになっても夢を追えるところは、本当にすばらしいです。

私の会社では、違う職種、異なる環境で生きて来た人たちの経験や体験を

今の仕事に生かしてほしいというものでした。

たくさんの国の人と出会い、たくさんの方達の旅の思い出をつくるお手伝いができる楽しさは

この仕事についたときから、かわらない喜びです。

 

Q:どのくらいの頻度で飛んで(勤務して)いますか?

毎月そのベースごとで最低の働いてほしい時間が提示され、それに応じて希望の時間をビッドします。

同時にどんなところに飛びたいか、国際線か国内線かなどをコンピューターで入力し、

スケジュールが数日後入ってきます。

その後、他の人とフライト交換をしたり、もっと飛びたいという希望の人に譲ったりと、

自分なりのスケジュールをつくる事が可能です。

私は、主に成田便と、その他にロンドン便やスペイン、イタリア便をもらって飛んだりします。

ひと月日数でいくと、約20日前後で飛んでます。

アメリカの航空会社は、このようなところがとても自由で自分のライフスタイルに合わせて、

働けるところがすごいと思います。

子供のいるママ達は、その日に帰ってくるフライトを選び、子供と毎日いられるようにしていたり、

外国に家族がいる人は、家族の住む国へ飛ぶフライトを選び、家族に会いに行ったりと。

驚く事にたくさんの同僚はアフリカ、ヨーロッパまたアジアからも、コミュートしてきてます。

 

Q:ニューヨークがベースということですが、何か他のベースと違うところはありますか?

NY base Crew は、この街と同じで、本当にMelting Pot です。

特にニューヨークからは、ヨーロッパ、アフリカ、アジア、南アメリカ、カリブと

たくさんの路線があり、私の会社では、その行く先の国の言葉を話す

スピーカーと言われるクルーが2~3人乗ります。

ですから、いろいろな国をバックグランドにしてるクルー達がいて、とても楽しいですね。

そんな中で働いているので、とてもFlexible, Low key です。

それぞれの国や文化が大好きで、いつも、どこに行ったら楽しい、

何を食べたらおいしいと、情報交換のいい場所でもあります。

もちろん私も、日本の観光大使、食大使になってます!

 

Q:航空会社での違いはありますか?

アジア系エアラインでは、かっちりとサービスから、ユニフォームの着方から、

髪型、お化粧まで決められていました。

米系航空会社は、自由ですね。

ユニフォームも、最低の規定はあっても、鞄、スーツケース、靴などは自前ですし。

特に上司もいませんし、同僚も毎回かわります。

スケジュールの管理からすべて、自分自身で確認していきます。

働く事に際して、とても個人の責任と自由を重んじてくれてると思いますね。

仕事に関しても、アメリカ人の方達の求めるサービスと、

アジア系航空会社で求められていたサービスはかなり違う様に思います。

アジア系航空会社では、とにかく丁寧なおもてなしを求められていました。

米系航空会社では、ウイットに富んだ会話、楽しませてくれるサービスを求められますね。

問題があった時も、その場を変えられる機転の効かせ方、それをどう好転させていくかとか。

学ぶ事はまだまだたくさんありますね。

特に英語でジョークは、なかなか修行が要ります。

 

Q:更なる夢は??

今はまだ子育てと仕事の両立でなかなか自分の時間を持つことは難しいのですが、

たくさんの未だ行ってない土地、国を訪れていきたいです。

そのためにも、他の国の言葉を覚えたいです。

イタリア語、スペイン語、脳みそが退化するまでになんとかできたらいいです。

 

Q:最後に一言

すればよかったという後悔をするぐらいなら、

しなければよかったという後悔をした方が、良いと思い、今まで、やってきました。

辛い事、苦しい事もいっぱいありましたが、色々な経験が、今の自分をつくっていると思います。

皆さんも人生いつになっても何がおこるか、わかりません。

いくつになってもチャレンジし続けてください。

そして自分の選択に責任と希望を持って!

生きていくって、面白いです!!

 

 

 

協力:記事提供 ワールド情報サイト

 

 

★ ☆ ★  ☆ ★ ☆  ★ ☆ ★

IYEO青少年異文化交流推進協会が各地で開催する

説明会情報はこちらへ!!

↓ ↓ ↓

大学奨学金留学、高校交換留学などの各地での説明会情報